働きやすい職場づくり

従業員エンゲージメント調査を実施

法令やルールなどのコンプライアンスを遵守し、働きがいのある職場をつくるために、2013年から本部従業員を対象に定期的にアンケートを実施し、会社の方針の浸透度や社内制度、職場環境に対する満足度を調査しています。アンケート結果から課題を把握し、改善に向けて対応することで、より働きやすい環境づくりを進めています。

2019年にエンゲージメント向上委員会を設立し、さらなる推進を図っており、加えて、多様な人財が能力を発揮できる環境づくりをより推進し、従業員の貢献意欲の向上による企業競争力の強化を担保することを目的として、「従業員エンゲージメント」を、2022年度より当社役員の業績連動株式報酬のKPIに追加することとしました。

労働安全を推進

安全衛生委員会

労働安全衛生法に基づき、従業員の安全と健康増進を目的に本社と全国の拠点において、産業医、各部の代表従業員が参加し、毎月、安全衛生委員会を開催しています。

産業医による職場巡視の実施など、労働災害の未然防止に向けた情報発信を行っています。

従業員の健康への配慮

セブン&アイグループでは、従業員の健康は生活の質を上げるだけでなく、企業が活力を増して経営の効率を高めていくものと捉え、セブン&アイ・ホールディングス健康保険組合と連携し、3つの目標を掲げた「セブン&アイ健康宣言 NEXT」を策定しました。

セブン‐イレブン・ジャパンでも、それに準じて健康経営に取り組んでいます。

「セブン&アイ健康宣言 NEXT」の3つの目標

  • 私たちは、自らの健康課題を把握し、改善に向けて行動します
  • 私たちは、社員の誰もがイキイキと仕事に取り組める職場作りを実現していきます
  • 私たちは、「健康応援」の商品やサービスを通じて、お客様の健やかな毎日をサポートする企業であり続けます

2021年度の主な取り組み内容

健康維持・未病、健康増進に向けた取り組み
  • 健康保険組合との共同による、定期的なウォーキングイベント「歩Fes.」の開催
    参加人数(2022年度):
    6月 4,104人
    12月 3,464人
  • 外部専門家を講師としたオンライン健康セミナーの定期的な開催
感染症予防対策に向けた取り組み
  • 在宅勤務やスライドワーク(時差出勤)などの活用による、感染リスクの低減
  • 勤務や通勤時に必要なマスクの従業員への配布
心身ともに健康で、働きやすい職場作りの取り組み
  • メンタルヘルス研修(ラインケア・セルフケア)実施によるメンタル疾患の未然防止
  • 社内チャットを導入し、勤務場所(在宅/本社/その他拠点)などに関わらず、コミュニケーションを図れるシステムの整備
喫煙率低下に向けた取り組み
  • 就業時間内の全面禁煙実施
  • 禁煙成功者への健康保険組合による補助金支給制度導入
社会に対する健康応援の取り組み~SDGsへの貢献~
  • 塩分・糖質などお客様の気になる点を考慮した商品の開発・品揃え
  • 健康に配慮するとともに、より味や品質の高い商品へと進化
  • 炭水化物をお客様の関心の高い食物繊維と糖質に分けて表示
  • 店舗における「健康」をテーマにしたメニューの提案、レシピの開発、栄養価の計算

セブン&アイグループ(セブン‐イレブン・ジャパンを含む)は、2021年3月にこれらの取り組みが評価され、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2021 ~ ホワイト500 ~」に前年に引き続き認定されました。

育児・介護をサポートする制度

育児や介護など、あらゆるライフステージにおいて、本部従業員が安心して勤務を続けることができ、また能力を十分に発揮できるように「ワークライフバランスの充実」をめざしています。

出産・育児をサポートする休暇制度・勤務プラン

産前休暇 産前6週間、任意で取得できる休暇
この期間は有給休暇を取得することも可能
産後休暇 労働基準法の定めによる休暇取得が可能
育児休職 子どもが最長で2歳到達直後の4月15日まで休職が可能
短時間勤務プラン 育児を理由として
(1)実労働4~6時間未満の勤務が、最長で1年間取得可能
(2)実労働5時間45分以上7時間30分以下の勤務が、最長で13年間取得可能
※(1)、(2)のいずれかを選択して取得可能
看護休暇 小学校就学前の子どもがいる社員が看護の目的で
取得できる休暇(年間5日以内、時間単位での取得が可能)
※有給
※対象の子どもが2人以上の場合は年間10日以内で取得が可能
育児休暇 小学校就学前の子どもを有する社員が育児に関わる目的で
取得できる休暇(年間5日以内)
※有給
再雇用プラン 出産育児の理由で退職し、再雇用を希望する場合は、退職後3年間を
限度として優先的に再雇用される(試験や面接は別途実施)

※そのほか、時間外労働の制限および深夜労働の免除が適用されます。

介護をサポートする休暇制度・勤務プラン

介護休職 介護の理由で休職する場合、最長で1年間まで休職が可能
※分割での取得も可能
短時間勤務プラン 介護を理由として
(1)実労働4~6時間未満の勤務が、最長で2年間取得が可能
(2)実労働5時間45分以上7時間30分以下の勤務が、最長で3年間取得が可能
※(1)、(2)のいずれかを選択して取得可能
介護休暇 年間最大5日間、対象が2名以上の場合は、年間10日間以内での取得が可能
※有給
再雇用プラン 介護の理由で退職し、再雇用を希望する場合は、退職後3年間を
限度として優先的に再雇用される(試験や面接は別途実施)

※そのほか、時間外労働の制限および深夜労働の免除が適用されます。

ワークライフバランスを支援する制度

ワークライフバランスを支援する取り組みとして、年2回の長期休暇の取得の推奨や、ノー残業Dayの設定、ボランティア休暇制度などを取り入れています。

また、仕事や個人の事情に合わせて一人ひとりが働き方を選択し、フレキシブルに働くことができる環境を目指し、就業時間を選択できる時差出勤「スライドワーク」を制度化しています。始業・終業時刻を繰り上げまたは繰り下げて勤務することで、能動的・効率的な働き方を推進することを目的としています。 また、2020年度以降は、新型コロナウィルス感染症拡大防止を目的として、通勤ラッシュを回避できるよう、選択できる始業・終業時刻のシフトを拡大しています。セブン‐イレブン・ジャパンにおいては、特にスタッフ部門で最大8割以上の利用実績となっており、社員のプライベートな時間の充実や通勤の負担軽減につながっています。

このように、従業員が充実した日常生活を送り、あらゆるシーンで活躍できるような働き方を推進しています。