食物繊維がとれる!もち麦&五穀米 食物繊維がとれる!もち麦&五穀米

  • もち麦とは?

    もち麦とは、大麦の一種。
    米と同じく麦にも「うるち種」「もち種」があり、もちもちとした食感で際立って豊富な食物繊維に、「腸内環境を整える」「余分なコレステロールを抑制する」など、さまざまな健康効果が大注目されています。

  • イメージ
  • もち麦のココがスゴイ!

    白米の20倍以上の食物繊維がとれます。
    ※一部品種による比較データ。

    • 1. 食物繊維が、便通を整えて便秘を防ぎます。
      また、善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きもあります。
    • 2. 食物繊維が腸内をゆっくりと移動することから、急激な血糖値上昇を抑える働きがあると考えられています。
    • 3. 食物繊維には、コレステロールのもととなる胆汁酸を排出する働きがあることから、余分なコレステロールを抑制するといわれています。
  • イメージ
  • 五穀米とは?

    五穀米とは、穀物を5種程度混ぜ合わせたもののこと。
    豊富な栄養素をとれるうえに、「プチプチ」「もちもち」といったいろいろな食感を同時に楽しめるのも魅力です。

  • イメージ

セブン‐イレブンの五穀米

セブン‐イレブンの商品にはもちもち食感がおいしい「もち種」を使っています!

  • イメージ

    古代米(黒米、赤米など)

    「古代の稲の品種」が持っていた特色を色濃く残した稲のこと。
    アントシアニン(黒米)やタンニン(赤米)といったポリフェノールを含みます。

  • イメージ

    食物繊維が豊富で腹もちがよく、腸を整えます。血糖値の急激な上昇を抑え、余分なコレステロールを排出する働きも。

  • イメージ

    きび

    たんぱく質、マグネシウムや鉄などが多く含まれます。独特の甘みがあり、他の穀物の味を引き立てます。

  • イメージ

    玄米

    籾殻を除いただけで、精白していない米のこと。しっかりした食べごたえも魅力です。

  • 五穀米のココがスゴイ!

    ビタミン類、ミネラル、抗酸化栄養素が豊富で美容にも効果的です。

    • 1. いろいろな穀物が混ざる五穀米は、しっかりした食べごたえが特徴。
      もち種ならではのもちもち食感で少ない量でも満足感が得られます。
    • 2. さまざまな雑穀は食物繊維も豊富。腹もちをよくします。
    • 3. 玄米やもち麦に多く含まれる食物繊維は、血糖値上昇を緩やかにするといわれています。
  • イメージ