株式会社セブン-イレブン・ジャパン 障がい者採用情報

自分のことを
正直に伝えられる
会社です

直営店舗 販売職
2013年入社
木下 彩奈さん
精神的ハンディキャップ

接客の仕事がしたい、
でも募集が少ない現実。

もともと前職でレジの仕事をやっていたので、再就職も接客の職に就きたかったんです。

でもなかなか障がい者採用をしている会社がなくて。

その環境の中で、販売員を募集していたのがセブン-イレブン・ジャパンでした。接客の仕事をしたかった私にとっては、この募集はとても嬉しかったです。

言いにくいことを、
ハッキリ聞いてくれる体制。

仕事をする上で、自分の病状の状態を理解してもらうことは大切です。特に私は精神的な障がいがあったので、会社の理解を得られていないと後々辛くなるんじゃないかという不安も大きかったんですよね。

でも、セブン-イレブン・ジャパンの面接では「あなたはどういう障がいがあって、何に配慮が必要なの?」とハッキリ聞かれたので、自分のことを相談しやすかったです。聞かれないので、自分から言わなくちゃいけないことが過去にも多かったのですが、「こういう状況をわかってください」じゃなくて「どんな病気か説明してください」という話の始まりだったので、私はとっても話しやすかったですね。


私の接客がしたい気持ちや、接客の経験があるっていう事をすごく重点を置いて頂けたのでこの会社にしようかなと思いました。

レジができればいいと思っていたのですが、
お店を任される楽しさを知りました。

配属されるお店は、会社の直営店舗になります。

そこで、初めてフランチャイズという仕組みも知ることができました。最初は、コンビニの販売業務ということで、単純なレジ作業だけかと思っていたのですが、店舗勤務になったすぐに「発注お願いね」って!

最初は自分にそんな事が出来るのか、と驚きましたけど。今では、商品の発注、シフト作成、売り場に飾るPOP(販促物)を作ったり、セールや、キャンペーンの準備もしています。お店の運営に関わることを全般的にやれるようになれました。

POP(販促物)ひとつで売上げが変わったり、同じお店でも戦略によって売上げが変わるので、すごく面白いです。

私の変化
今では先輩として後輩社員へのアドバイスも
楽しくなっています。

研修などで人の入れ替わりが多い直営店舗なので、店長や副店長が後輩になることもあります。そのため、先輩としてアドバイスを求められることも多々あります。

お店での経験は多く積んできたので、今度は販売職として動くだけでなく、どうやったら効率的になるかなど人に上手く伝えていける側になれたらと思っています。レジ研修ひとつにしても、自分がやってきた実体験を踏まえて伝えられるようになりたいですね。


最初はレジだけやればいいやって思っていたのに、自分自身変わったなと思います。販売職のキャリアプランも明確になっているので、将来のことも考えて仕事ができるようになりました。


できる事とできない事は伝えて良い職場なので、それさえ伝えてもらえればどんな状態の方でも働きやすいと思います。

言いにくいことを、
ハッキリ聞いてくれる体制。

仕事をする上で、自分の病状の状態を理解してもらうことは大切です。特に私は精神的な障がいがあったので、会社の理解を得られていないと後々辛くなるんじゃないかという不安も大きかったんですよね。

でも、セブン-イレブン・ジャパンの面接では「あなたはどういう障がいがあって、何に配慮が必要なの?」とハッキリ聞かれたので、自分のことを相談しやすかったです。聞かれないので、自分から言わなくちゃいけないことが過去にも多かったのですが、「こういう状況をわかってください」じゃなくて「どんな病気か説明してください」という話の始まりだったので、私はとっても話しやすかったですね。


私の接客がしたい気持ちや、接客の経験があるっていう事をすごく重点を置いて頂けたのでこの会社にしようかなと思いました。

レジができればいいと思っていたのですが、お店を任される楽しさを知りました。

配属されるお店は、会社の直営店舗になります。

そこで、初めてフランチャイズという仕組みも知ることができました。最初は、コンビニの販売業務ということで、単純なレジ作業だけかと思っていたのですが、店舗勤務になったすぐに「発注お願いね」って!

最初は自分にそんな事が出来るのか、と驚きましたけど。今では、商品の発注、シフト作成、売り場に飾るPOP(販促物)を作ったり、セールや、キャンペーンの準備もしています。お店の運営に関わることを全般的にやれるようになれました。

POP(販促物)ひとつで売上げが変わったり、同じお店でも戦略によって売上げが変わるので、すごく面白いです。

私の変化
今では先輩として後輩社員へのアドバイスも楽しくなっています。

研修などで人の入れ替わりが多い直営店舗なので、店長や副店長が後輩になることもあります。そのため、先輩としてアドバイスを求められることも多々あります。

お店での経験は多く積んできたので、今度は販売職として動くだけでなく、どうやったら効率的になるかなど人に上手く伝えていける側になれたらと思っています。レジ研修ひとつにしても、自分がやってきた実体験を踏まえて伝えられるようになりたいですね。


最初はレジだけやればいいやって思っていたのに、自分自身変わったなと思います。販売職のキャリアプランも明確になっているので、将来のことも考えて仕事ができるようになりました。


できる事とできない事は伝えて良い職場なので、それさえ伝えてもらえればどんな状態の方でも働きやすいと思います。

直営店舗 販売職の仕事

店舗(直営店)での接客・販売・発注等の店舗運営全般になります。

直営店舗 販売職でエントリー

入社後の流れ

2012年8月~
東京都内店舗に配属
2014年10月~
東京都内2店舗目に配属
2015年1月~
トレーニング部兼ダイバーシティ推進部
2015年7月~
東京都内3店舗目に配属

ある1日の流れ

9:00

出勤

着替え

前日の検証・朝礼シート記入

発注

セブンミール配達

12:00

昼ピーク

午後シフト(シフト内で本点検)

セブンミール配達

追加修正発注

15:00

夕方のシフトフォロー(必要に応じて)

事務作業

次週のPOP(販促物)作成など

17:30
帰宅

職種を選んでエントリー