数字で見るセブン-イレブン・
ジャパン

「数字」からセブン-イレブン・ジャパンを見てみよう

セブン-イレブン店舗数

国内47都道府県21,143

1974(昭和49)年5月にセブン‐イレブン第1号店(東京都江東区・豊洲店)がオープン。
時代の変化に対応し、「近くて便利」なお店として日本各地で多くのお客様にご利用いただき、「20,000店」を超えるチェーンに成長しました。
※2021年3月末現在

世界の出店数70,750※2020年3月末現在

セブン-イレブン・ジャパンのデータ

1日あたりの総来客数(国内)2,100万人(概算)

1日1店舗あたり約1,000人のお客様にお買いものしていただいています。
これは日本の人口の約6人に1人が毎日セブン‐イレブンでお買いものをしていただいている計算になります。
※2021年3月度/全店平均より算出

営業利益2,333億円21百万円※2021年2月期

チェーン全店売上(国内)48,706億円19百万円

おにぎりやお弁当、食卓でのお惣菜や、セブンプレミアムなどのプライベート商品。
セブンカフェなど様々なお客様に美味しい、便利なサービスをこれからも提供し続けます。
※2021年2月期

おにぎりの販売数(国内全店舗販売数)

年間販売数
22億個
1秒あたりの販売個数
70

セブンカフェの販売数(国内全店舗販売数)

年間販売数
11億杯
1秒あたりの販売個数
35

年齢別客数構成比の推移

来店頻度

We Are SEJ

わたしたちについて

セブン-イレブン・ジャパンをより深く知ることができる
コンテンツをご紹介します。