トップ > 企業情報 > フランチャイズ事業の健全な発展のための行動
 

フランチャイズ事業の健全な発展のための行動

1 加盟店との関係
①強固な信頼関係の構築
加盟店との信頼関係がフランチャイズビジネスの根幹であり、加盟店・オーナーさんと当社は共存共栄の関係にあります。加盟店・オーナーさんの繁栄なくして当社の繁栄もあり得ません。強固な信頼関係を築き、共通の目標に向かって協力していきます。
②公正な取引の遵守
当社は、独占禁止法を遵守するとともにその精神を尊重し、取引上の立場を利用して不当に加盟店に対し仕入れ先を制限したり、標準小売価格で販売することを強要するなどの「不公正な取引」に該当する行為は行いません。
③金銭・物品の贈答等の謝絶と供応の辞退
オーナーさんからの金銭・物品の贈答を一切受けてはいけません。また、酒食による供応などの機会も丁重にお断りすべきです。このような特別な利益の享受は、フランチャイズビジネスの基本を阻害する要因となるからです。
2 お取引先との関係
①透明性の高い取引関係
当社は、お取引先と透明性の高い公正で健全な関係を築き上げ、相互の繁栄のために取引を行います。
②公正な取引の推進
当社は、独占禁止法などの関係法令を遵守し、取引上の立場を利用して不当に不利益を強いるなどの「不公正な取引」に該当する行為を行いません。また、商品発注は勿論のこと、リベート、割戻し金、報奨金などの内容やPB商品の開発、生産、調達などに関する双方の約束事は、すべて文書により取り交わします。
③私的な利益の排除
当社は、社員およびその家族が、お取引先などからの贈答、接待、その他優遇対応や利益を享受することを禁じています。特定のお取引先から利益の供与を受けることは、心理的に、対等なビジネス関係を阻害する要因となるからです。また、社員が会社の業務を遂行するにあたり、自らが利益を得ることによって会社に不利益を生じさせる、もしくはその可能性のある行為を禁じています。
④反社会的勢力への対処
当社は、社会秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、一切の関係を持たないとともに、不当な要求にも、妥協せず毅然とした態度で対処します。
3 お客様との関係
①お客様の満足の維持・向上
当社は、企業市民としての役割を果たし、社会に貢献するため、さまざまな活動を通じてお客様の更なる満足の獲得、維持、向上に努めます。お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様に信頼される商品・サービスおよび情報の提供を行うとともに、お客様の声を企業活動に反映させていきます。
②正しい商品情報の提供と安全で高品質な商品の品揃え
当社は、安全で価値ある商品をお客様にお届けするという信念のもと、お客様には安心してご購入いただける商品を、加盟店には自信を持って販売いただける商品を開発することが私たちの務めであり、最大の責任であると考えています。この責務を全うすべく、安全・安心のためのさまざまな取り組みを行っていきます。
4 株主・投資家との関係
①経営情報の的確な開示と透明性の保持
当社は、業務執行と監査機能のバランスがとれた経営を進め、コーポレート・ガバナンスを徹底するとともに、的確な企業情報の開示により説明責任を果たすことで、透明性の高い企業経営を実践し、株主・投資家等からの事業に対する十分な理解とそれに伴う信頼・支持を得るように努めます。
②インサイダー取引の禁止
当社の役員・社員は業務の過程で自社または他社の重要な情報を得た場合、その公表前に当該企業の株式などの売買(インサイダー取引)を行ってはなりません。
また、会社の重要な情報を知った場合、その情報を許可なく他の人に伝えてはなりません。インサイダー取引規制は、会社を辞めて1年以内の場合も適用されるので注意が必要です。
5 政治・行政との関係
健全な関係の維持
企業が政治・行政との健全な関係を維持することは、企業とともに社会の健全な発展にとっては不可欠です。そのため、政党や官公庁とは、対外的に批判などを受けることのないよう透明な関係を保ちます。
外国公務員等に対する不正な利益供与についても、国際商取引における公平性を欠くことから、日本および諸外国の法律で禁止されていますので、行ってはなりません。
6 地域社会との関係
①地域社会の一員として
当社は、地域社会との連携と協調を図り、地域社会の一員としての責任を果たします。そして、当社の事業の運営を通して地域の発展や豊かな生活環境づくりに貢献します。
②オーナーさんとの共同の取り組み
当社は、フランチャイズによりさまざまな地域に多くの店舗を営業しています。
オーナーさんと一緒に、これらの地域社会との連携と協調を図り、その店舗における事業運営を通じて地域社会に貢献します。