企業理念

私たちは
いかなる時代にもお店と共に
あまねく地域社会の利便性を追求し続け
毎日の豊かな暮らしを実現する

お客様に向けてのメッセージ

いつでも、いつの時代も、あらゆるお客様にとって「便利な存在」であり続けたい。 私たちは、地域との信頼関係を築き、価値ある商品やサービスの提供を通じて、皆さまの「生活サービスの拠点」となるよう力を注いでいます。 セブン‐イレブンは、これからも過去の発想にとらわれることなく、時代の変化に柔軟に対応し「便利の創造」に努めてまいります。

創業の理念

既存中小小売店の近代化と活性化
共存共栄

社是

私たちは、お客様に信頼される誠実な企業でありたい。
私たちは、取引先、株主、地域社会に信頼される誠実な企業でありたい。
私たちは、社員に信頼される誠実な企業でありたい。

社員行動規範(抜粋)

「社是」で定めた「信頼される企業、誠実な企業」であり続けるために、社員行動規範を定め、日常の業務の指針としています。

社員行動規範抜粋
基本方針
1 安全で高品質な商品・サービスの提供
お客様の生活に密接に関わる事業を展開する企業として公共性の高さを認識し、高い倫理観をもち、法令や社会規範を遵守し、お客様の立場に立った安全で高品質な優れた商品・サービスを提供します。
2 公正で透明な取引の確保
自由で公正な競争を尊重し、独占禁止法などの関係法令や社内ルールを守り、政治・行政に関わる人々と適切な関係を維持します。取引にあたっては健全な商慣習に従い適切な条件のもと取引を行い、私的な利益は受けません。また、反社会的勢力とは関わりをもちません。
3 地域社会・国際社会との連携
良き企業市民として地域社会や国際社会との共生を目指し、ステークホルダーとの信頼関係を築くとともに、事業を通じた地域社会や国際社会の発展や豊かな生活環境づくりの支援を行い、持続可能な社会の発展に努めます。
4 人権の尊重
人権に関する国際的な規範を遵守し、役員・従業員には理解・認識向上のための教育を行います。また、差別的な取り扱いは行わず、雇用における機会均等に努め、さらに、お取引先の人権に関する取り組みにも、サプライチェーン※全体で人権に配慮した事業が行われるように注意を払い、いかなる児童労働・強制労働・懲罰も認めません。
※サプライチェーン:原材料の調達から生産・物流・販売を経て消費者に至るまでの、商品・サービス提供のために行われる一連の活動・関係者
5 多様性の尊重と働きがいの向上
役員・従業員の多様性や個性を尊重した能力開発とキャリア形成の支援を行います。異動・昇進・評価・処遇に当たっては、差別のない公平・公正な基準に基づいて行い、働きがいを感じられる活力ある企業風土を醸成します。
6 会社の資産や情報の保全
有形・無形の会社資産は社内ルールに従い適正に管理し、会社の業務上の目的にのみ使用します。さらに、情報は適切に記録・保存・管理し、収集した情報の漏洩などの事故がないよう、情報機器の取り扱いなどに関する社内ルールを守ります。
7 持続可能な社会実現への貢献
地球環境の保全は、事業を行う上で必須の課題であるという認識のもと、事業のあらゆる場面で、気候変動問題・生物多様性の保全・水資源の保全などに配慮し、持続可能な社会実現に貢献していきます。環境関連の法令遵守・汚染の防止はもちろんのこと、商品・サービスの開発や製造・物流・販売・サービスの提供・商品の廃棄に至るサプライチェーンで環境負荷の低減に取り組みます。
8 ステークホルダーとの対話
お客様・お取引先・株主・地域社会・従業員などステークホルダー(利害関係者)との対話を重視し、いただいたご意見に誠実に対応するとともに、適時、適切に情報を開示して説明責任を果たします。
9 社会課題への取り組み
持続可能な社会の実現に向けて、さまざまなステークホルダーとの対話を通じて特定した「5つの重点課題」に対し、積極的に取り組みます。

<5つの重点課題>
重点課題1 高齢化、人口減少時代の社会インフラの提供
重点課題2 商品や店舗を通じた安全・安心の提供
重点課題3 商品、原材料、エネルギーのムダのない利用
重点課題4 社内外の女性、若者、高齢者の活躍支援
重点課題5 お客様、お取引先を巻き込んだエシカルな社会づくりと資源の持続可能性向上
(注:特定した重点課題には、日本固有の社会課題を背景とするものが含まれます。)

page top

PAGE TOP