トップ > 企業情報 > 企業理念
 

お客様に向けてのメッセージ

いつでも、いつの時代も、あらゆるお客様にとって「便利な存在」であり続けたい。 私たちは、地域との信頼関係を築き、価値ある商品やサービスの提供を通じて、皆さまの「生活サービスの拠点」となるよう力を注いでいます。 セブン‐イレブンは、これからも過去の発想にとらわれることなく、時代の変化に柔軟に対応し「便利の創造」に努めてまいります。


創業の理念

既存中小小売店の近代化と活性化
共存共栄


社是

私たちは、お客様に信頼される誠実な企業でありたい。
私たちは、取引先、株主、地域社会に信頼される誠実な企業でありたい。
私たちは、社員に信頼される誠実な企業でありたい。


社員行動規範(抜粋)

「社是」で定めた「信頼される企業、誠実な企業」であり続けるために、社員行動規範を定め、日常の業務の指針としています。

基本方針
私たちは、創業以来、中小小売店の近代化やお客様の利便性向上に大きな役割を果たしてきました。
今後も、世の中の変化やお客様のニーズに対応し、顧客満足と社会貢献の極大化を図り、より一層の発展を継続することが期待されています。
加盟店と一体となって、安心で豊かな地域社会の実現に向けて挑戦し続けていくことが私たちの使命であり存在意義でもあります。
1 「セブン&アイHLDGS.企業行動指針」の実践
 「セブン&アイHLDGS. 企業行動指針」では当社が「信頼される、誠実な企業」であるための企業としての基本的な方針が示されています。当社の社員は、この方針を理解し行動しなければなりません。
2 企業の社会的責任(CSR)の自覚
私たちは、仕事を通じてお客様やオーナーさんをはじめ、お取引先、株主などさまざまな人々と密接に関わりを持っています。また、お店は、地域社会と深い関わりを持ちながら運営されています。したがって、健全な企業活動を通じてこれらの人々の期待に応える責任があります。当社はこのような社会的責任を自覚の上、フランチャイズビジネスを通じ、社会の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献します。
3 コンプライアンス(法令遵守)
企業が健全な事業活動を通じて企業価値の向上を追求することは、企業としてあるべき姿です。しかし、利益を追求するあまり社会のルールから逸脱した行動をとることは絶対に許されません。私たちは、社会的責任を果たしていく上で、事業運営に関する法令や規範を遵守すること、即ち「ルールを守る」ことが求められ、企業倫理をきちんと認識し行動しなければなりません。
4 フランチャイズビジネス
当社はフランチャイズによる事業運営を行っていることから、CSRの取り組みにおいては、オーナーさんと一緒に取り組むことが求められます。また、ビジネスパートナーであり、独立の事業主でもあるオーナーさんは、当社の重要なステークホルダーと位置づけられます。したがって、お互いに強い信頼感を基盤とした良好な関係を構築していくことが、当社の最大の責務です。
5 企業行動委員会の役割
当社は、会社や社員が、ルールを守り倫理に基づいた経営、行動を行うための環境を整え、促進することを目的として企業行動委員会を設置しています。企業行動委員会は次のような活動を行っています。
① ルールを守って行動するという考え方を社員に徹底する。
② 専門部会を設け、各部会方針の下、遵守すべきルールの確認・整理および問題点の解決を図る。
③ 企業倫理などに反する行為に関する内部情報に対して、実態の解明・問題への対応を行う。

その他、「フランチャイズ事業の健全な発展のための行動」、「環境問題への取り組み」「人権を尊重した職場づくり」「企業情報の管理」「社内通報制度」などについて規程しており、全ての社員がこの規範に基づいた行動と社会的責任を果たすべく取り組んでいます。