もっと近くて便利なお店であるために。

私たちが目指していること。

2018年秋 コンセプト映像

セブン‐イレブンが掲げる「近くて便利」、その「近い」はいつでも気軽に頼りにされるこころの近さ。

「便利」とは欲しかったモノが期待以上の品質でお客様の手に届くこと。日本の暮らしにとけ込んで新しいおいしさ、うれしさを次々提供していく…

そう!私たちは
近くて便利、セブン‐イレブンです。

PAGE TOP▲

「近くて便利」とは?

「近くて便利」は日々、進化をつづけます。

社会環境の変化を予見して、進化し、
ますます必要とされていくセブン‐イレブンです。

イメージ

※イメージ

私たちを取り巻く環境は、少子高齢化や働く女性の増加、単身世帯の増加といった人口構造・ライフスタイルとともに、大きく変化しています。その一方、小売店が大幅に減少し、毎日の買い物に不便を感じる人々がたくさんいます。

そうした社会環境の変化に応えるべく、セブン‐イレブンはさらなる店舗の増加をはじめ、セブン‐イレブンだからできる商品・サービスを追求しながら、地域の暮らしに欠かせない「近くて便利」なお店を目指しています。

働くおかあさんから、遠くまで行けないお年寄り、忙しい単身の若い方まで、いろいろな人々に頼りにされること。 定番商品をはじめ、セブン‐イレブンの商品は日々進化を重ねています。

カロリーが気になる!野菜を摂りたい!
カラダを想うおいしさ、どんどん広がっています。

発売以来、大好評の「カラダへの想いこの手から」シリーズ。1/2日分の野菜がとれる「スープ」や「チルド弁当」、レタス1個分の食物繊維がとれる「おにぎり」など、カラダがよろこぶおいしさは、セブン‐イレブンで見つかります。

イメージ

※イメージ

より上質な商品を追求

濃厚ミルクを使用し、クリーミーな口当たりとキメ細やかな泡立ちを実現した「カフェラテ」。麺のつるっともっちりした食感で大ヒットを記録したうどんなど、大好評の「麺類」。プリッとした食感にこだわった「パスタ」。具材や製法にとことんこだわった牛丼などの「チルド弁当」。人気の「揚げ鶏」や「ななチキ」など、おかずにぴったりな「揚げ物」。もっちり感となめらかな口どけが特徴の「こだわりの特製肉まん」。「セブンプレミアム」からはおかずにもおつまみにもぴったりな冷凍食品“おかづまみ”シリーズが登場。食卓の1品にうれしい商品が続々と登場しています。

さらに、地域の食文化に対応した食材を使い、地域に馴染んだ味の商品から、国内トップメーカーとのコラボレーション商品まで、セブン‐イレブンの取り組みはさまざまに広がっていきます。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

※イメージ

お買い物が、楽しくお得に。
大好評の「セブン‐イレブンアプリ」

イメージ

※イメージ

日々のお買物を通じて、「楽しい」「お得な」体験を提供する『セブン‐イレブンアプリ』は500万ダウンロードを突破!※2018年9月現在
商品の購入で貯まるバッジ機能や、お得なクーポンなどうれしい特典満載で、よりお得なセブン‐イレブンでのお買い物をお楽しみいただけます。

デジタルを通じて、
新たな価値体験を提供します。

イメージ

お買い物の楽しみを広げる、セブン&アイグループ共通の「7iD」がスタート。お客様ひとりひとりにあわせた情報提供をはじめ、集めたマイルをnanacoポイントや様々な特典と引き換えできる「セブンマイルプログラム」など、今までにない新たな価値体験を提供します。
スマートフォンで商品を注文後、最短2時間で商品をお届けする「ネットコンビニ」も全国拡大に向けて、北海道一部地区からスタートしています。

頼れるインフラとして
暮らしをサポートする多彩なサービスにチャレンジしています。

イメージ

※イメージ

買い物に行けないお年寄りから、小さな子供がいるおかあさんまで。お店の商品はもちろん、健康に配慮した日替わりのお食事から重いお米までご自宅にお届けする「セブンミール」は大好評。さらに、簡単に手作り料理ができる「ミールキット」のお届けも始まりました。

セブン銀行のATMや、コンサートチケットや住民票などの行政サービスが利用できる店内のマルチコピー機、オフィスや学校などへのセブン自販機の設置や、自転車シェアリングなど、暮らしのインフラとしてきめ細やかなチャレンジを拡げています。

PAGE TOP▲