もっと近くて便利なお店であるために。

私たちが目指していること。

2019年春 コンセプト

セブン‐イレブンが掲げる「近くて便利」、その「近い」はいつでも気軽に頼りにされるこころの近さ。

「便利」とは欲しかったモノが期待以上の品質でお客様の手に届くこと。日本の暮らしにとけ込んで新しいおいしさ、うれしさを次々提供していく…

そう!私たちは
近くて便利、セブン‐イレブンです。

「近くて便利」とは?

「近くて便利」は日々、進化をつづけます。

社会環境の変化を予見して、進化し、
ますます必要とされていくセブン‐イレブンです。

私たちを取り巻く環境は、少子高齢化や働く女性の増加、単身世帯の増加といった人口構造の変化や、スマートフォンの普及によるデジタル環境の進化により、ライフスタイルは大きく変化しています。その一方、小売店が大幅に減少し、毎日の買い物に不便を感じる人々がたくさんいます。

そうした社会環境の変化に応えるべく、セブン‐イレブンはさらなる店舗の出店をはじめ、セブン‐イレブンだからできる商品・サービスを追求しながら、地域の暮らしに欠かせない「近くて便利」なお店を目指しています。さらに、セブン‐イレブンアプリをはじめとする先進的なデジタルサービスにより、その利便性を高めています。

働くおかあさんから、遠くまで行けないお年寄り、忙しい単身の若い方まで、いろいろな人々に頼りにされること。 定番商品をはじめ、セブン‐イレブンの商品、サービスは日々進化を重ねています。

野菜を摂りたい!
カラダを想うおいしさ、どんどん広がっています。

発売以来、大好評の「カラダへの想いこの手から」シリーズ。レタス1個分の食物繊維がとれる「おにぎり」や1/2日分の野菜がとれる「チルド弁当」や「スープ」「サラダ」など、カラダがよろこぶおいしさは、セブン‐イレブンで見つかります。

イメージ

※イメージ

より便利で、
より上質な商品を追求

おかずにもおつまみにもぴったりで、簡単に出来立てのおいしさが味わえる冷凍食品「おかづまみ」シリーズ。
カップのまま温めてすぐに食べられる手軽さが大人気の冷凍食品「カップごはん」シリーズ。
タレや焼き方を一から見直して本格的なおいしさの「焼き鳥」や大人気の定番商品「コロッケ」などのカウンター商品。
米粒の大きさごとに精米方法を変え、のりの炙り方にもこだわることで美味しく生まれ変わった「おにぎり」。
添加物に頼らず、味・品質を向上しながら長鮮度化を実現した「チルド弁当」や「サラダ」。
アンガス牛を100%使用した「金の直火焼ハンバーグ」やもっちりとした食感が特徴の「金の食パン」をはじめとするセブン‐イレブンの最上級ブランド「セブンプレミアムゴールド」シリーズもリニューアル。

食卓の一品にうれしい商品が続々と登場しています。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

※イメージ

お買い物が、もっと便利に。
『7pay(セブンペイ)』が誕生

イメージ

※イメージ

日々のお買物を通じて、「楽しい」「お得な」体験を提供し、お得に差がつく「セブン‐イレブンアプリ」が1,000万ダウンロードを突破!※2019年3月現在
お客様の購入履歴に基づいたクーポンを配信することにより、ますます便利になっていきます。
さらに、決済機能「7pay(セブンペイ)」がセブン‐イレブンアプリに搭載されます。※2019年夏予定
アプリひとつで、簡単にお支払いまで済ませることが可能になります。

環境配慮への取組み

イメージ

※イメージ

セブン‐イレブンは、環境にやさしい商品開発にも積極的に取り組んでいます。例えば、地域の自然、地球環境を考えたプラスチック使用量低減を目指した容器や包材の開発。保存料に頼らない商品の長鮮度化により実現するフードロスの削減など、さまざまな取り組みを行っています。

頼れるインフラとして
暮らしをサポートする多彩なサービスにチャレンジしています。

交通系電子マネーのチャージが可能になり、より便利になったセブン銀行のATM。コンサートチケットや住民票などの行政サービスが利用できる店内のマルチコピー機。オフィスや学校などへのセブン自販機の設置や、自転車シェアリングなど、暮らしのインフラとしてきめ細やかなチャレンジをさらに拡げています。

PAGE TOP▲