トップコミットメント

永松 文彦

代表取締役社長 永松 文彦

― 私たちは いかなる時代にもお店と共に あまねく地域社会の利便性を追求し続け毎日の豊かな暮らしを実現する ―

セブン‐イレブンは、この企業理念のもと、日々お客様のニーズの変化を捉えた商品やサービスの開発・提供に努めております。

一方で、国内2万店を超えるチェーンとして、地球温暖化や自然災害の増加、資源の枯渇、また食の安全・安心や高齢化社会などの社会課題に対しても、私たちは大きな責任と役割を担っていると認識しております。

1日1店あたり約1,000人ご来店くださるお客様、全国の加盟店オーナー様と従業員の皆さま、また多くのお取引先様に支えられているセブン‐イレブンは、すべてのステークホルダーの皆さまとともに課題解決への歩を前に進め、「利便性」や「豊かさ」を持続可能なかたちにしていく使命を果たしていきたいと考えております。

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、これまでの生活様式や働き方に対する変化への対応が求められ、新たな社会の在り方が構築されるなか、セブン‐イレブンは、今後もいかなる変化にも対応し、「サステナビリティ」を経営の優先課題と捉え、事業を通じた社会課題の解決に全力で取り組んでまいります。

page top

PAGE TOP