イメージ イメージ

セブン‐イレブンの想い

安全とおいしさを
お届けする物流

セブン‐イレブンの物流は、デイリー工場で製造した商品を安全安心な状態で店舗にお届けしています。

  • イメージ
  • 全国各地にある配送センター

    商品をお店に届ける配送センターはお店から近いエリアに配置。

    デイリー工場で作った商品をできるだけ早くお店にお届けするための工夫です。

  • イメージ
  • 工場から店舗まで一定の温度で商品を管理し、品質を維持

    工場から店舗まで、商品ごとに最適な温度帯で管理することで、おいしさや品質を維持しています。

  • イメージ
  • 1台のトラックで複数の温度帯の商品を配送可能

    おいしさや品質を維持する為に、1台のトラックの中を複数の温度で管理できる工夫をすることで商品毎に最適な温度でお届けしています。

    ※デイリー商品配送車全体の約68%で対応。

  • イメージ
  • CO2削減等、環境負荷軽減の取り組みを推進

    車両やシステム改善により、創業時には1店舗1日70台使用していた配送車は、現在では全国約21,000店舗のうちおよそ3/4の店舗で1日9台に減らしてCO2を削減しています。

    また、電池や水素を燃料とする新しい車両の開発・実証実験を通じ、更なる環境負荷軽減を図る取り組みを実施しています。

  • 写真はイメージです。