説明会予約 資料請求

セブン-イレブンの
フランチャイズビジネス

加盟店様が独立した経営者として店舗を運営し、本部はその店舗経営をバックアップ。
セブン-イレブンの「フランチャイズビジネス」は、加盟店様と本部との明確な役割分担に基づき、
対等なパートナーとして行う「共同事業」です。

共同事業共同事業

店舗運営に関わる仕組み・制度

※1 廃棄ロス商品 ※2 売上高から売上商品原価(商品の売上原価から「品減・不良品原価」と「仕入値引額」を差し引いた純売上原価)を差し引いた利益額
※3 売上総利益からセブン-イレブン・チャージを差し引いた金額

時代に合わせた
安心して働ける環境づくりを

オーナー様も従業員様も、誰もが安心して自分らしく働けるように。
さまざまなサポートをはじめ、社会の潮流に合わせた
職場の環境づくりに取り組んでいます。

本部とのコミュニケーション促進

オーナー様のご意見やご相談など、生の声をしっかりとうかがい、
より良い経営環境を築いていくために。
オーナー様と本部のより緊密でていねいなコミュニケーションの活性化を図っています。

  • 3つ目は、「売り場における質の追求」です。
  • 動画配信による
    コミュニケーション

    政策や商品情報などを、加盟店様に動画で情報発信できる仕組みを導入。OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー=店舗経営相談員)だけでなく、加盟店様と本部が直接のコミュニケーションをとることが可能になりました。

経営をサポートするOFC
(オペレーション・フィールド・カウンセラー=店舗経営相談員)

業績とデータ
(2021年2月期)

説明会・相談会情報

セブン-イレブンの強み・オーナーの仕事についての
記事を読む