株式会社セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

× 参加できる説明会日程を探す 参加できる説明会日程を探す

Owner interview~人生のキセキ~

仲間の輪が広がっています

千客万来 沖縄県が熱い!

14沖縄県 特別編

仲間の輪が広がっています

千客万来 沖縄県が熱い!

14沖縄県 特別編

2019年7月11日、満を持してセブン-イレブンが沖縄県に初出店。
以来、地元のお客さまや観光客の買い物スポットとして賑にぎわっている。
2024年には250店舗の出店を目指す沖縄県内のセブン-イレブン。
「ワンチームで頑張りたい」と、意気込むオーナーたちに会いに行った。

※沖縄県内に計29店出店中
(掲載時点/出店しているエリアのみを記載)

  • 糸満真栄里東店
  • 南風原新川店
  • 沖縄照屋2丁目店
  • 沖縄美里店
  • 豊見城金良店
  • 東風平JAおきなわ店
  • 糸満座波店
  • うるまみどり町4丁目店
  • 糸満兼城サンプラザ糸満店
  • 新天地浮島店
  • 那覇小禄1丁目店
  • 那覇金城2丁目店
  • 国際通松尾1丁目店
  • 北谷北前1丁目店
  • 国際通牧志2丁目店
  • 那覇松山2丁目店
  • 沖縄高原6丁目店
  • 浦添内間1丁目店
  • 豊見城中央店
  • うるま赤道店
  • 浦添宮城2丁目店
  • 那覇新都心公園前店
  • 国際通OTSビル店
  • ロワジールホテル那覇店
  • 南部医療センター店
  • 那覇松山1丁目店
  • うるま喜屋武店
  • 中城村泊店
  • 八重瀬東風平店
  • 糸満真栄里東店
  • 南風原新川店
  • 沖縄照屋2丁目店
  • 沖縄美里店
  • 豊見城金良店
  • 東風平JAおきなわ店
  • 糸満座波店
  • うるまみどり町4丁目店
  • 糸満兼城サンプラザ糸満店
  • 新天地浮島店
  • 那覇小禄1丁目店
  • 那覇金城2丁目店
  • 国際通松尾1丁目店
  • 北谷北前1丁目店
  • 国際通牧志2丁目店
  • 那覇松山2丁目店
  • 沖縄高原6丁目店
  • 浦添内間1丁目店
  • 豊見城中央店
  • うるま赤道店
  • 浦添宮城2丁目店
  • 那覇新都心公園前店
  • 国際通OTSビル店
  • ロワジールホテル那覇店
  • 南部医療センター店
  • 那覇松山1丁目店
  • うるま喜屋武店
  • 中城村泊店
  • 八重瀬東風平店

2019年7月11日、満を持してセブン-イレブンが沖縄県に初出店。以来、地元のお客さまや観光客の買い物スポットとして賑にぎわっている。2024年には250店舗の出店を目指す沖縄県内のセブン-イレブン。「ワンチームで頑張りたい」と、意気込むオーナーたちに会いに行った。

※沖縄県内に計29店出店中(掲載時点/出店しているエリアのみを記載)

  • 東川平ひがしかびら勇人はやと=写真右
  • セブン-イレブン豊見城とみぐすく中央店オーナー

「初出店」のタイミングに商機を感じた。
夫婦で飛び込んだコンビニの世界は、新鮮で戸惑いもあるが、人の情が温かい。

準備を積んでオープンした

店の明かりで地元を明るく!

2019年7月11日午前7時。「いらっしゃいませ」──初めてお客さまを迎えた瞬間、「セブン-イレブン豊見城中央店」オーナーの東川平勇人さん(50)と妻・保子さん(同)は目を疑った。店の前には長い長い行列。これほど多くの人がオープンを待ってくれていたとは。


この日、全国で唯一空白エリアだった沖縄県にセブン-イレブンが初出店。県外などからもお客さまが詰めかけ、店はお祭りのような熱気に包まれた。

「ワンチーム」で盛り上げる

「『セブン-イレブン、できてよかったね』と、お客さまから声をいただいたのがうれしくて。無我夢中で営業してきました」



と、勇人さん。長年営んでいた土建業から転身したきっかけは、2年近く前、ふと目にした「セブン-イレブンオーナー募集」の新聞折り込みチラシだった。



「初出店だから、絶対にチャンスだ」



そう言う勇人さんに押され、募集説明会に参加した保子さんは「本部の熱意が伝わって」、転身に賛成。およそ1年間、出店場所の選定、店舗経営に関する研修や勉強会など、数々の準備に奔走した。この慌ただしい日々が、楽しかったという。



「最初に同時オープンしたのは14店舗。みんなゼロからのスタートなので、情報交換したり、励まし合ったり。"ワンチーム"で挑んできた実感があるんです」



と、勇人さん。既存の商店が多い買い物激戦区の沖縄に参入する"セブン-イレブン1期生"だ。不安いっぱいで当然だが、「(オープンまで)ワクワクしていましたよ」と言うのだから、仲間や本部との結束の強さがうかがえる。



地元から親しまれる店に

少しずつ、店の運営は軌道に乗ってきた。共に苦労してきた従業員の戦力がどんどん大きくなって、頼もしい。



振り返れば「最初のほうは記憶が飛んでいる」と保子さん。勇人さんが「忙しく、子どもたちに淋しい思いをさせた時はつらかった」と話すと、ふたりの目にうっすら涙が浮かんだ。



だが、店に集う常連客が増え、日に日にオーナーの顔になってゆく両親の背中を、3人の子どもたちは見ていたのだろう。高校生の長女が、率先して店を手伝うようになったそうだ。



「この店をしっかり育てるのが先決。その上で2店舗、3店舗と増やし、家族で商売できたらいいなと思いますね」



そう抱負を口にした勇人さん、目指すは「商店街のような雰囲気の店」だ。「『やぁ、元気?』などと、お客さまから気軽に声を掛けていただける信頼関係を築いて、地元を活性化したい」。職を替え、第二の人生は始まったばかり。店の扉に対を成すシーサーが見守っている。

SHOP DATA

セブン-イレブン豊見城とみぐすく中央店

住所
沖縄県豊見城市豊見城458-1
オープン日
2019年7月11日

「セブン-イレブンで働きたかった」と服部沙綾香さん(29)。
「セブンプレミアム ゴールド 金の食パン」などが大人気

  • 宮成みやなり 高弘=写真左
  • セブン-イレブン沖縄高原6丁目店オーナー

昔から好きだったセブン-イレブンなら
新しい商売の道を切り開いてゆけると信じた。
従業員と一丸となって、店づくりに奮闘中!

沖縄は全員オーナー1年生。

今日より明日、

笑顔を咲かそう。

「あれとこれ、こっちも」


高齢の女性が息子さんの持つ買い物かごへ、商品を次々と入れていく。平日のお昼前。2019年10月17日にオープンした「セブン-イレブン沖縄高原6丁目店」には、常連客の弾んだ声が響いていた。オーナーの宮成高弘さん(48)は言う。


「『セブン-イレブンの商品は、何でもおいしい、おいしい』ってお客さまが喜んでくださる。すごくやりがいがありますよ」

チームで成長できる店を

高弘さんと妻・里紗さん(34)がコンビニを始めようと考えたのは、数年前、大阪に住んでいた時のことだ。



「妻の実家がある沖縄に家族で移りたいと考え始めて。当時から、そろそろセブン-イレブンが沖縄に進出するだろうと思っていたので、『沖縄に来たらオーナーになりたいです』と、本部に相談していたんです」



大きな組織に勤めた経験があるが、少人数で絆を築いて汗をかき、一緒に成長できる職場をつくりたかった。



店は努力した分、結果が返ってくる。オープン初日、「沖縄は揚げ物が人気だから」と、チキンなどを懸命に揚げ続けたところ、オープン初日としての販売数が沖縄全店でトップに。情報を全店で共有するのが、沖縄のセブン-イレブンの流儀だ。同日オープンした近隣の「沖縄美里店」も、揚げ物のまとめ売りで高い販売実績を記録した。「みんなでもっと、地域を盛り上げたい」と、高弘さんは意欲を見せる。



地域に恩返しがしたい

仕事に慣れるまでは、必死だった。ありがたいことに来店客は絶えないが、コンビニ運営初体験の高弘さんと里紗さんは、売り場に立ち続けるので精一杯、細かい点まで気が回らない。里紗さんは「不安だらけでよく泣いていた」そうだ。踏ん張れたのは、周囲の温かさのおかげ。



「レジで小さなミスをした時、主婦のお客さまが『いつも忙しそうね。最初は誰でも失敗するさ、応援するから頑張って』と声をかけてくださった。見ていてくださる人がいるんだとうれしかった」



と、里紗さん。最近は「総菜や冷凍食品が売れるので、スーパーのような使われ方をしているのでは」と、店が地元の暮らしを支えている自負も芽生えてきた。高弘さんは、走り始めた夢をこう話す。



「店を増やして多くの人が活躍できる場をつくり、親族やお世話になった方々へ恩返ししたい。そしていつか、地域貢献につながる取り組みができたらと考えています」

SHOP DATA

セブン-イレブン沖縄高原6丁目店

住所
沖縄県沖縄市高原6-9-4
オープン日
2019年10月17日

オープン時から働く長浜由紀さん(34・左)と上間明枝さん(44)。
商品を並べる手つきも鮮やかになってきた