株式会社セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

× 参加できる説明会日程を探す 参加できる説明会日程を探す
人生のキセキ
セブン-イレブンとともに

新しい
夢ある仕事を
僕らが作る

  • 20
  • 井出 康太

セブン-イレブン戸田笹目2丁目店オーナー

住宅や事業所が混在するこの町で商売をしようと決めたオーナーの井出康太さん(26)。
常連客も増え、やりがいを感じる日々だ(店の近くの笹目川で撮影)

新しい
夢ある仕事を
僕らが作る

  • 20
  • 井出 康太

セブン-イレブン戸田笹目2丁目店オーナー

高校時代から、アルバイトとしてセブン-イレブンで働きだした。
キャリアを重ね、自分が理想とする店をつくるために独立を決意。
工夫次第で結果が出るコンビニは、夢のある仕事だと思う。
応援してくれる父と二人三脚、新しいコンビニのイメージを描く。

高校時代から、
アルバイトとしてセブン-イレブンで働きだした。
キャリアを重ね、
自分が理想とする店をつくるために独立を決意。
工夫次第で結果が出るコンビニは、
夢のある仕事だと思う。
応援してくれる父と二人三脚、
新しいコンビニのイメージを描く。

ふだんと変わりない一日だった。ひとり暮らしをしている息子の井出康太さん(26)が、ふらりと実家へ戻ってきて、父親の幸洋さん(55)とたわいのない会話を交わす──よくある親子の光景だ。


だが、康太さんが言った言葉で空気は一変した。


「一緒にセブン-イレブン、やらない?」


え? 康太さんがセブン-イレブンで働いていることは知っていた。だが一緒にって、どういうこと?


「オレ、会社どうすんだ? 冗談言うなよ」


と、幸洋さんは軽く返したが、康太さんは真顔だ。


幸洋さんは気を取り直し、考えた。


「息子とコンビニを経営する、そういう人生もアリかな」


まもなく幸洋さんは、営業マンとして勤めた会社に退職願を出した。康太さんが25歳になる直前のことだった。

中学進学の記念に父親の幸洋さんと。将来、自分が商売を始めるとは思っていなかった

25歳までに独立したい

人生の針路を変更することになったふたり。短い会話でよくまとまったと思うが康太さんは言う。



「自分で店を経営したい。ずっと前から考えていたことなんです」



康太さんがセブン-イレブンで働きだしたのは高校時代。「近所だったから」という理由でアルバイトを始めた。接客の楽しさ、発注の奥深さなどを実感するうち、どんどん仕事が楽しくなった。卒業後、店の社員になって店長を務めるようになると、視点が変わった。



「ほかの従業員さんから仕事の悩みを聞く立場になって、どうすれば課題を解決できるのかとよく考えました」



「空いた時間も働きたい」「家の都合で休みたい」、従業員から出る声はさまざまだった。しかし、独断で店のルールを変えることは難しい。



「オーナーになって、どこよりも働きやすい店をつくろう」



以前から、店の経営には関心があった。



「OFCさんとコミュニケーションをちゃんと取って、“セブン-イレブンの基本4原則”を徹底していれば、売り上げは必ず伸びますから」



と、康太さんは言う。基本4原則とは、店の運営に必須なルール、「フレンドリーサービス」「クリンリネス(清潔さ)」「品ぞろえ」「鮮度管理」のこと。地道な作業だが、これらの徹底が集客につながると日々の業務で体感していた。



独立を見据えた時、唯一こだわったのはタイミングだったという。



「契約して15年間働くんですから、コンビニ経営は、若いうちに始めたほうがいい。契約を更新することを考えると、遅くても25歳までには独立しなきゃ、って計画を立てたんです」



地元の従業員が即戦力

計画遂行の鍵を握ったのが、冒頭の親子のやり取りだったわけだ。でも、なぜ康太さんは、サラリーマン歴が長い幸洋さんを商売の道へ誘ったのだろう?



「僕は独身だし、なんとなく」



と、康太さんは話したが、勝算があってのことだろう。結果はあとでわかる。



2019年1月1日、康太さんがオーナー、幸洋さんがマネジャーという肩書で「セブン-イレブン戸田笹目2丁目店」を、前経営者から引き継ぐ形でオープンした。計画通り、康太さんが25歳の時だ。若いので、幸洋さんがオーナーだとよく間違われる。でも、「康太のほうがコンビニを知っているから当然でしょ」と気にしない。



聞けば、幸洋さんは「コンビニを利用するのは、コーヒーとたばこを買う時くらいだった」そうだ。だから、この店を康太さんが引き継ぎたいと言った時、内心は「少し心配した」という。



「人の往来は多いが、近くにスーパーがあるので大丈夫かと。そしたらアイツ(康太さん)、言ったんですよ。『コンビニのお客さんはモノを買いに来るだけじゃなくて、時間も買いに来る。スーパーとは違う使われ方をするから平気だ』と。はー、スゴイなぁと感心しました」



と、幸洋さん。改めて、康太さんの商才に一目置いたという。



康太さんの見立て通り、街道沿いの住宅地で常連客がついていた戸田笹目2丁目店は、リニューアルオープンすると一段と賑わうようになった。何よりの宝は、前のオーナーのもとで働いていた従業員さんが、そのまま残ってくれたことだ。



「なじみのお客さまがいる地元の従業員さんの力なくては、僕らだけではこの町で挑戦できなかった」



康太さんはそう振り返った。

しっかり者の康太さん(左)と明るい父・幸洋さん(右・55)。親子パワーが店を盛り上げる

これまでの

コンビニイメージを

変えていきたい。

働きやすい職場に

オープンして、まだ1年と少ししか経っていないが、売り上げは順調に右肩上がりだ。



オーナーとして、真っ先に着手したのは、店長時代から構想を練っていた“従業員さんにとって働きやすい職場”の整備だった。全員と月に一度は面談をして「困っていることはないですか?」などと、声を聞く。そして、働くうえで役立ちそうなことは全部やる。



例えば、バックヤードに従業員が気兼ねせず休憩できるイスを用意したり、私物を入れられる個人用のボックスを設置したり。新商品情報は、誰もが把握しやすいようにクリップボードごと壁につりさげるように工夫した。時間がある時、自由に閲覧できる。



複数のコンビニで働いた経験を持つ従業員の吉田久美子さんは「こんなにやさしく、一人ひとりに気を配ってくれるオーナーは初めてです」と恐縮する。



中でも従業員が「働きやすい」と声をそろえたのは、独学で労務の勉強に励んだ康太さんが「休みは自由」という働き方にこだわっている点だ。休みたい時に休ませてあげる事が、従業員さんが長く働くうえで大事なことだと考えている。



「そのフォローを含めても、僕も週40時間しか働きません。法律で決まっている1週間に40時間以内という労働ルールに沿っているだけ。今どき、普通のことですよ」



と、康太さん。インドから来た従業員のハビバ・ウンマさんは、「子どもがいるので、急に休まないといけない時がある。でもオーナーが快くいいですよ、と言ってくださるので本当に感謝しています」と話す。



長期休暇も、理由があれば構わない。例えば遠方へ里帰りする時は、数週間休んでもいいそうだ。これは幸洋さんもあと押し。「孫の顔を見たいご両親のため、ゆっくりしてきてほしい」と親心を見せる。こうして従業員の希望に気持ちよく応えることが“働く意欲”を育み、人出不足とは無縁だ。



令和のライフスタイルを体現する康太さんと昭和のサラリーマン時代を熟知する幸洋さん、異なる人間力が店の運営にこれほどの相乗効果を見せるとは。

店には長く勤める従業員が多い。吉田久美子さん(左)もハビバ・ウンマさんも「明るくて働きやすいお店。
これからも頑張りたい」と言う。康太さんと幸洋さんの心配りが、従業員のやる気につながる

お客さま視点の店づくり

世代の違いだけじゃない。実は、幸洋さんの「コンビニのことはよく知らない」という感覚が、業務改善に一役買った。



発注の精査、豊富な品ぞろえといった改革は着々と進めたが、幸洋さんのふとした言動が康太さんや従業員に刺さる。



「コーヒー一杯を買うのに、レジに行列ができていたら買う気なくなっちゃうよなぁ」



すかさず「レジの行列ゼロ」活動を実施。お客さまがひとりでもレジに立とうものなら、誰もがレジに入るルールにした。すると「この店は精算が待たなくてすむからいい」と、お客さまの間で評判に。



また、幸洋さんのこんな意見も店を変えた。



「どれがおすすめなのか、わからない」



今、売り場では大小さまざまなPOPが購買意欲を高めている。



「父は本当にお客さま目線。感じたことを言ってくれるので頼りになる」



と、康太さんは言う。すると横にいた幸洋さんが「だろ?」と、つっこむ。互いにリスペクトし合う、同志のような絆が深まっているのがよくわかる。



コンビニを夢の仕事に

改めて、康太さんにオーナーになった感想を聞くと「すべて計画通り」と言う。「社員さんを増員するし、売り上げも目標を超えてきた」そうだ。



幸洋さんにも再度、聞いてみた。息子が若くして商売したいと言うと、一般的に反対する親が多い。そういった気持ちは本当になかったのか?



「そりゃ、サラリーマンになってほしいという気はありましたよ。でも息子を後ろから支えて、店を持たせてあげられるって、親として素敵なことじゃないですか」



深い。聞いていた康太さんが言う。



「ありがたいです」



幸洋さんはうれしそうだ。康太さんは、最後にこう続けた。



「最終的な目標は『コンビニなんて』というイメージを変えること。明るく働きやすい店をつくり続けて、コンビニをやりたい、という夢を持つ若い世代を増やしたい」



目指すは、業界改革と大きい。意欲に燃える康太さんに向かって「いいこと言うねぇ、親の顔が見たいわ」と、幸洋さんが笑いを誘う。このふたりなら、きっと大丈夫だ。

一期一会


SHOP DATA

セブン-イレブン戸田笹目2丁目店

住所
埼玉県戸田市笹目2-7-8
特徴
2019年1月1日、前店から引き継ぎオープン。
20代のオーナーが働き方を改革、基本に忠実な運営で成長を続けている。

SHOP DATA

セブン-イレブン戸田笹目2丁目店

住所
埼玉県戸田市笹目2-7-8
特徴
2019年1月1日、前店から引き継ぎオープン。
20代のオーナーが働き方を改革、基本に忠実な運営で成長を続けている。